banner

服務規程とは

就業規則における服務規程とは

就業規則はその会社の労働における規定を定めた書類です。作成をする際には事業主が勝手にすることはできず従業員達からの同意も得なければいけません。

そして作成の際には必ず記載しなければけいない規定もあり、それがなければ適用がされません。なので作成するのには時間を要する書類であるともいえます。

そんな就業規則にて規定をする事項の1つに服務規程というものがあります。これは従業員の行動模範、ようするにあるケースではどのような行動をとったらよいかというのを規定して、規則を守ることと従業員の労働をすることにおいての心構えとったものを記載します。

これを規定する目的としては従業員の心構えということで会社で労働する際の社会秩序を守るためです、なので就業規則に盛り込むものとしては必要不可欠な概念といえます。

これの規定の内容としては主に勤務に専念して無闇に職場から離れてようとしないこと、そして許可もなしに会社の施設及び物品を使用しないこと、そして労働している際に不当な金銭を贈与されたり借用したりしないこと、会社の機密を漏らさないこと、快くない言動で他の従業員に不利益をもたらさないこと、といった事項があげられます。

またタイムカードで仕事始めと仕事終わりの時間を規定する職場もありますが、これも服務規程として就業規則に記載する必要がある規定です。

そしてタイムカードという時間に関するものもあれば社会秩序として遅刻や欠勤に対する対応の事項もこれに記載します。そしてその際にはケースによっての扱いも取り決めします。

そして遅刻と欠勤があれば早退の際の規定もしておきます。また秩序の維持として特定の状況においては入社することを厳禁にするというのもこれで規定します。こうしてみれば正に就業規則において服務規程はそうした会社でのケースを盛り込んだ規定といえます。

といっても従業員もただ就業規則で規定されたからといってすぐさま適応するのは難しいものです。なので上司がそうした規律違反に関して注意と指導をして遵守させていくことで、この就業規則の効果を実感できるようになります。

そして上司が指揮するからには上司自体もしっかりとそれを遵守してていくように勤めていかなければなりません。

もちろん会社によっては事細かにした服務規程を記載することもあるでしょう。

しかしあまり事細かに遵守させようとすると息苦しい環境になる可能性も高いので、就業規則でを作成していく上では、そうした辺りの折り合いもつけ、そして上司自体もしっかりと守っていけるような事項を記載していきましょう。

Copyright(c) 2014 就業規則が持つ効力はどんなポイントか知って、持つ意味を知りましょうAll Rights Reserved.